<   2012年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

白神典大 硝子展 にて

ギャラリーさとうさんで開催中の【 白神 典大 硝子展 】に行って来ました。格式高い和の空間に並ぶ遊び心に溢れたガラス達。会場と作品だけを別々に見ると、一見合わないかな?とイメージしてしまうのですが、白神さんのかわいらしくてポップな作風のガラス達は、不思議と和の空間に馴染むのです。その光景は、いわば「おばあちゃんの家にやってきた子供達」。極端な表現ですが、そんな微笑ましく、楽しげな展示風景が目の前には広がっていました。

b0232875_21165149.jpg

今回の作品の中では落ち付いたトーンを見せるワイングラス。深みのある色ガラスの部分はひねりを施され、品ある佇まいの中にも遊び心を感じます。


b0232875_21202749.jpg

まるで「やかん」を連想させるような形の作品。色遣いに涼しさを感じます。お花を挿してもよし、置き物として飾っておいてもよし。そのかわいらしさは一級品。清楚なイメージを感じる佇まいも素敵です。


b0232875_21174518.jpg

この様な煌びやからグラスもありました。銀で覆われた透明のガラス。熱で変色した銀は金に近い色に装いを変えます。そこに白神さんらしい、センス溢れるエッチングが施され、豪華な中に普段から使いたくなる様な人懐っこさを感じます。外側の質感も素敵ですが、内側に広がる景色もまた魅力的なうつわです。


b0232875_2118235.jpg

色とりどりの大皿も並びます。ガラスの中に閉じ込められた銀、幾重にも巻かれた細いガラスが光を浴び、その彩りの中に美しい表情を見せてくれます。


b0232875_21181482.jpg

こちらはインスタレーション展示の一部。黒い四角に収められたガラス達は今にも動き出しそうです。

時の移り変わりと共に、色んな表情を見せてくれるガラス達。会場にはこの他にも普段使いに映えるガラスのうつわが多数並びます。是非、ギャラリーさとうさんにて、白神さんの素敵な作品に触れてみて下さい。


白神典大 硝子展
2012年6月12日(火)~6月29日(金)
営業時間:AM11:00~PM7:00
休廊日:0と1のつく日

ギャラリーさとう
岡山市門田屋敷1丁目7‐26
TEL/FAX:086-272-1431



Article by Masahide Kobayashi


ギャラリーさとう

白神典大さんの吹きガラス工房 Glass Ten Studio
[PR]
by art-note | 2012-06-19 01:19

中島涼子さんの吹きガラス

b0232875_2163235.jpg

中島涼子さんのガラス展も、残すところ4日となりました。前回に引き続き、彼女の素敵な作品をご紹介させて頂きます。
茨城県のガラス工房SILICAに10年間勤務され、主任技術指導員も務められた中島さん。その技術はさることながら、その作品達に感じるのは、洗練されたガラス作りが織成すスタイルです。


b0232875_20594578.jpg

普段使いを意識して制作された、吹きガラスのうつわ達。そのひとつひとつに季節感ずる色遣いを施してあります。この時期ならではの空気感を思わせる色彩からは、空の色や木々の緑、紫陽花の色づきをも連想させられます。


b0232875_20592686.jpg

季節の色が凝縮された一輪挿し。落ちついたトーンをベースに、淡い水色のドットが映えます。ぽってりとした可愛らしい形も印象的。


b0232875_20591384.jpg

窓際に並べられたペン立て。その透明の中に、自然光、ライトの光、周りの景色までを取り込んで、ガラスの中に不思議な世界を見せてくれます。気泡に映し出される様々な表情、光を蓄えている様な下部の輝きがとてもキレイです。


b0232875_20595648.jpg

そしてその輝きに目を奪われたのがこちらのシリーズ。ガラス側面につけられた表情が、光を受けてガラスに煌びやかさを纏わせ、底に込められた色彩の美しさをより引きたててくれています。会場には写真のミルクピッチャーに加えて、冷酒グラスも並びます。

この作品達をお楽しみ頂けるのも、後4日。是非、生でその輝きに触れてみて下さい。


中島涼子 ガラス展
Ryoko Nakajima Glass Exhibition
2012年 6月8日(金)~6月19日(火)

午前10:00~午後5:00 木曜日:定休日

永生与窯 tootogama 2F Gallery
〒707-0062 岡山県美作市湯郷769
TEL:0868-72-3636


Article by Masahide Kobayashi


永生与窯

ガラス工房SILICA
[PR]
by art-note | 2012-06-16 01:28

中島涼子 ガラス展 にて

b0232875_20463818.jpg

とおと窯さんで開催中の 中島涼子 ガラス展 に行って来ました。会場に入ると目に飛び込んで来たのは、普段使いに楽しさをプラスしてくれそうな素敵なうつわ達。透明な作品から、この時期らしい寒色系の色彩をまとった作品が涼やかに会場を彩っていました。


b0232875_2047936.jpg

こちらは今回一番目を引いたグラス。薄く吹かれたガラスに透明のガラスが重ねられ、スタイリッシュなシャープ感とぽってりとした安定感を同時に楽しめる素敵な佇まい。手に程よく収まる小ぶりなサイズも絶妙です。


b0232875_20472342.jpg

深い紫と紅茶の様なエレガントな色使いが印象的な冷酒グラス。底の部分に施されたその色は、グラスの角度を変える度に、移り変わる綺麗な表情を見せてくれます。キリっと切れのイイお酒を飲みたくなるグラスです。


b0232875_2048050.jpg

カタチ、色、装飾の様な持ち手と、シンプルながらも洗練されたデザイン性を感じるミルクピッチャー。普段使いはもちろん、そのままテーブルに並べてもオブジェとして活躍しそうな凛とした佇まい。落ち着いた、大人のティータイムを演出してくれそうですね。

3点のうつわをご紹介しましたが、他にも花器やプレートなど、およそ150点が会場には並びます。上記紹介でも書きましたが、中島さんの作品から感じるのは、シンプル作風の中に感じるスタイリッシュさ、洗練されたデザイン性、そして凛とした印象的な佇まいです。

今回は普段使いのものを中心に制作したという中島さん。この作品達が日常の中でどんな表情を見せてくれるのか?それに思いを寄せるだけでワクワクしてくる様な、そんな感覚を味あわせてくれる素敵な作品展でした。

温泉地というめずらしい場所でのガラス展。ゆたっりとお湯を楽しんだ後、涼やかなガラスの質感に触れてみてはいかがでしょうか。

お近くにお越しの際は是非、足を運んでみて下さい。


中島涼子 ガラス展
Ryoko Nakajima Glass Exhibition
2012年 6月8日(金)~6月19日(火)

午前10:00~午後5:00 木曜日:定休日

永生与窯 tootogama 2F Gallery
〒707-0062 岡山県美作市湯郷769
TEL:0868-72-3636


Article by Masahide Kobayashi


永生与窯
[PR]
by art-note | 2012-06-09 21:57

田中MAN展 にて

b0232875_21182240.jpg

cafe Zさんで開催中の【田中MAN展】に行って来ました。Zさん奥のスペースに足を運ぶと、待っていたのはズラ――っと ぴよ 達の絵!横を向いたりこっちを向いたりソッポを向いたり・・・色んなポーズの ぴよ が並ぶ光景を眺めているととっても楽しい気分になって来ます。


b0232875_21184110.jpg

本当に愛らしい ぴよ 達。こんな風におしりを向ける ぴよ も・・・可愛らしくてたまりません。


b0232875_21191829.jpg

会場には ぴよ 以外にもたくさんの動物がいました。コチラもキュートなうさぎ達。日常のしがらみで凝り固まってる心がほぐされる様です。
しかし、驚くべきは田中MANさんの写実力。見る毛並などの細部はさることながら、少し引いてみた時のその動物たちはまるで今にも動きそうな気配。しかし、それは目の前に「実物がいる」というような感覚とはまた違い、独特の世界感の中で生きる動物たちが佇んでいる、という感じでしょうか。とにかく、田中MANさん独自の世界を感じるのです。


b0232875_21194765.jpg

カフェ席の壁面には大作も並びます。これはそのひとつ。金色の世界に浮かぶキリンの姿・・・この子達はいったい何をやっているんでしょうか?それは見てのお楽しみ!

親しみやすさと個性際立つ田中MANさんの絵画の世界。目からウロコが落ちる様な楽しい展示もご覧いただけます。是非、cafe Zさんに足を運んでみて下さい。


【田中MAN展】
2012年6月6日(水)~6月17日(日)
在廊日:9日(土)・10日(日)・16日(土)・17日(日)
am11:00〜pm7:00(最終日はpm6:00まで)
6日(月)12日(火)は定休日

cafe Z
〒700-0845  岡山県岡山市南区浜野2-1-35
tel/fax:086-263-8988



Article by Masahide Kobayashi


田中MANさんの 294ものぶろーぐ・2

cafeZ ( ときどき atelierZ ) スケッチブック
[PR]
by art-note | 2012-06-08 21:52

小林亮二ガラス展 ~景色~ のご案内

b0232875_14183217.jpg

小林亮二さんのガラス展 ~景色~ が和気町のギャラリー栂にて開催中です。毎回、そのこだわり感ずる色ガラスの組み合わせで、様々な景色を見せてくれる小林亮二さん。DMのぐいのみを見るだけでもどんなガラス展になっているのか楽しみです。

小林亮二さんは岡山市にあるガラス工房、「グラススタジオ透明感」で有松啓介氏にガラスを4年間学び、2005年より福山市水呑町に自信の工房「coba_luto glass labo」を構え作家活動をされています。

小林亮二さんの作品を毎回拝見して感じるのは、色ガラスの持つ美しさへの探究心でしょうか。これはガラス作家皆さんに言える事ではありますが、瑠璃色(コバルト)に魅せられ、その魅力を様々な作品を通して私達に教えて下さったり、光が当たる事で表情の変わる色を独自で調合されたりと、作品達からはその色へのこだわりを感ぜずにはいられません。

今回は色ガラスと透明なガラス、2つが合わさる事で生まれる美しい景色を披露して下さるという小林亮二さん。是非、会場にてその素敵な景色を眺めてみて下さい。


小林亮二ガラス展 ~景色~
2012年6月1日(金)~6月17日(日)
10:00~18:00 (月・火旧廊)
ギャラリー栂
〒709-0431
岡山県和気郡和気町清水288-1
TEL:0869-92-9817



Article by Masahide Kobayashi


小林亮二さんの工房 coba_luto glass labo

ギャラリー栂
[PR]
by art-note | 2012-06-04 14:44


大好きなうつわ、とりわけ陶器とガラスのこと。時々雑記。岡山を中心にご案内を頂戴する作家さんの展示情報も。


by M.K

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
news
pottery
glass
other
utsuwa
books
note
未分類

以前の記事

2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2013年 11月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月

フォロー中のブログ

cafeZ ( ときどき...
maki+saegusa
T Pottery Diary
Glass Ten St...
ステンドグラス日記
SYNERGY73
Glassworks-S...
CAFE DU GRACE
hiroko hosom...
pieni deux
一汁一菜の器プロジェクト...

メモ帳

最新のトラックバック

来場者にWプレゼント実施中♪
from ディズニー展とクリスチャン・..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

二人の硝子展~草木萌動~ 安..
at 2016-03-02 15:32
『草の実』 山口聡一郎写真集
at 2016-02-02 19:35
節句を楽しむガラス展
at 2016-01-31 19:47
第9回I氏賞選考作品展
at 2016-01-31 11:19
「クロスとドット展」1/30..
at 2016-01-30 19:04

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アート・デザイン
写真家

画像一覧