<   2012年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

妖怪茶房 in cafe Z のご案内

b0232875_21223252.jpg

真夏日が続く今日この頃、皆様におかれましては如何お過ごしでしょうか。本日は、そんな夏の暑さを吹き飛ばしてくれる様な作品展のご案内です。その名も 『妖怪茶房』 。この夏、お盆前まで cafe Z さんに様々な妖怪達が集い〼・・・。

妖に魅入られし者共の怪しき業の数々・・・

6人の様々なジャンルの作家が「妖怪」を題材に、
絵画や写真等の平面作品、ガラスの器やオブジェ、
Tシャツや手ぬぐい等を制作。展示だけでなく販売もあり〼・・・

・・・。。。

8/3(金)にはスペシャルトークイベントも行われます。

「妖怪夜話〜岡山に伝わる妖怪話〜」
語り 立石憲利さん (岡山民俗学会・日本の民話会・日本口承文芸学会)
8月3日(金) 19:00〜
1,500円 (お茶付き)
※cafe Zさんに要予約


どんなお話がお伺いできるのか?こちらも楽しみです。
cafe Z さん meets 妖怪 ・・・きっと楽しく冷ややかな作品展になる事でしょうね☆


妖怪茶房 in cafe Z
2012.8月1日(水)〜12日(日)
11:00〜19:00 (最終日〜18:00)
6日、7日旧廊

硝子 井本真紀
染色 北野静樹
畫図 時実月夜
光畫 加賀雅俊
硝子 白神典大
意匠 鳥越眞生也

cafe Z
岡山県岡山市南区浜野2-1-35
tel/fax:086-263-8988


cafeZ ( ときどき atelierZ ) スケッチブック

Article by Masahide Kobayashi
[PR]
by art-note | 2012-07-31 21:54

「涼味」 沖澤康平×ふじい製作所 のお便り

b0232875_2137395.jpg

赤磐市のカフェドグラスさんから作品展のご案内を頂きました。今回はシンプルなガラスと黒漆のうつわコラボ展です。

沖澤康平さんは8823/glass workというお名前で活動されている岐阜のガラス作家さん。シンプルで透明なガラス作品を手掛けられてらっしゃいます。因みに8823は「ハヤブサ」と読むそうです。ガラス制作に携わる前は動物の研究をされていて、ハヤブサがお好きだったことから、そう名付けられたそうです。ひと言で「シンプル」と言えば印象が薄いイメージを感じるかも知れませんが、そのガラス作品のカタチは多彩です。グラスにプレート、一輪挿しから蓋物まで、その作品達のカタチはとて洗練されていて、とてもスタイリシュです。しかし、その透明な作品は驚くほど日常にすっと溶け込む事と思います。透明なガラスのうつわをイメージした時、一番に思い浮かぶのが「ものを入れる楽しさ」です。入れるものによって異なった様々な表情を見せてくれるガラス達。冲澤さんのガラスはどんな表情を見せて下さるのでしょうか。今から手に取って拝見出来るのが楽しみです。

ふじい製作所さんは兵庫県小野市にて、藤井健一、美奈子さんご夫妻でシンプルな漆のうつわを制作されてらっしゃいます。木地と塗りをお二人で分けて行い。共同制作で作品作りをされてらっしゃるそうです。これは僕個人の感想ですが、漆のうつわはそのカタチがシンプル、素朴である程、木、そして漆の質感をより深く楽しめると感じています。特に今回はシャープなフォルムの黒漆のうつわ作品。どのような佇まいと木、そして漆の質感が楽しめるのか、こちらも非常に楽しみです。

透明なガラスと黒漆による「涼」をテーマにした作品展。真夏日が続く中、ほっと涼しげで爽やかな気持ちになれそうな展示会ですね。会期もいよいよ8月2日から。是非、会期中カフェドグラスさんへ足を運んでみて下さい。

「涼味」 
沖澤康平×ふじい製作所
2012年8月2日(木)-8月15日(水)
10:00-19:00
※8月8日休み
清涼感ある漆と硝子の2人展 約250点

作家在廊日
冲澤康平さん 8月5日
藤井建一さん 8月5日、12日

カフェドグラス 921ギャラリー
岡山県赤磐市下市92-1
086-955-4548

※会期中、作家さんのうつわでお茶と夏菓子をお楽しみ頂けるそうです。

8823/glass work(冲澤康平さん)HP 
ふじい製作所HP 


Article by Masahide Kobayashi
[PR]
by art-note | 2012-07-30 22:23

大江さやか・夏のガラス展-涼やかで美しい時間- にて

ギャラリーさとうさんで開催中の 大江さやか・夏のガラス展-涼やかで美しい時間- に行って来ました。大江さんのガラス展は昨年のギャラリーKさん以来、今回はどんなガラス達を見せて頂けるのか。期待を胸に、さとうさんの門をたたきました。

b0232875_21204950.jpg

会場に入り、まず目に飛び込んで来たのがこちらの小さなオブジェです。幾重にも重なったガラスが織成すキルンワークの作品ですが、その上部の繊細なガラス片は手を触れれば折れてしまいそうなくらい細やかに形を作っています。それはまるで植物が新しい芽、枝葉を伸ばすような姿でもあり、静かに生命を宿しているかの様な佇まいを持っていました。

b0232875_2121072.jpg

こちらは大江さんらしい、絵付けの蓋物。清楚でかわいらしく、涼やかな存在感はこの季節にピッタリ。まるで清涼な風の様に、こころの隅々まで凛とした涼しさを浸透させてくれます。

b0232875_21211585.jpg

吹きガラスのデザートカップ。透明なガラスが魅せる光の表情、ほんのりと色付けされた青が顔をのぞかせ、ガラスに込められた気泡と絵付けが楽しそうに共演しています。楽しんで作品制作をされているのが伝わって来るような素敵なうつわです。

b0232875_21212863.jpg

こちらはサンドブラストで模様を象り、色付けをして花が描かれたそばちょこです。その表面は丁寧に磨きをかけられ、手に取った時にガラスの冷やかさと作り手のぬくもりを感じさせてくれる作品。ご自身もブログで語られていますが、大江さんはさまざまな技法を重ね合わせて一つの作品を制作されます。これは多くのガラス作家さんにも言える事なのですが、その流れを思い描いてみると、まるで母親が子供を大切に育てて行くような、そんな印象を受けます。故にひとつひとつ丁寧に育てられた子供たちは、母親の愛情をいっぱいに受け、多くの方々の元で末長く愛されるのだと僕は思います。

b0232875_21213913.jpg

透明感、曇り、色彩、絵付けと、シンプルな佇まいながら色んな表情が重なり、素敵な世界を見せてくれる作品。さとうさんの縁側で陽の光を浴びて、とっても居心地が良さそうです。

b0232875_21215051.jpg

今回は個人的に大好きな、大江さんの吹きガラスを沢山楽しめた『涼やかで美しい時間』。そのタイトルの通り、ガラスの美しさに魅せられ、その清涼感に癒された素敵な時間を過ごす事が出来ました。会場内には月をモチーフにした絵付けの作品、バーナーワーク、キルンワーク、とんぼ玉の技法で作られたアクセサリーの数々、そして淡いグリーンが綺麗な清シリーズの香合やjewel・boxも並んでいます。会期もいよいよ本日を入れて後2日。是非、大江さんが提案する、「涼やかで美しい時間」を過ごしに行って見て下さい。


大江さやか・夏のガラス展-涼やかで美しい時間-
7月12(木)~29(日)最終日5時迄
AM11:00~PM7:00

ギャラリーさとう
岡山市門田屋敷1-7-26
Tel :086-272-1431
駐車場:4台

大江さやかさんのブログ・Glassworks-SayakaOoe


Article by Masahide Kobayashi
[PR]
by art-note | 2012-07-28 09:14

村上望展 / NOZOMYMPIC にて

ロンドンオリンピックもついに開幕し、盛り上がってますね!そんな中、僕はcafe Zさんで開催中の『NOZOMINPIC』に行って来ました。

b0232875_212248.jpg

いつも通り、いつもの席に荷物を置き、ちょっと落ちつこうとしたところ・・・目の前にこんな素敵なうつわが!!!かわいらしさと発色が素敵だな、と思っていたら、村上望さんは九谷焼の作家さん。以前から素敵な絵付けをされる方とは聞いていたのですが、九谷焼でこの世界感!は想像していませんでした。予備知識なしで足を運ぶとこういった新鮮な感動をいただけるんですよね。しかし、本当に素敵なうつわです。

b0232875_2123650.jpg

展示スペースを見渡せば、さまざまな絵付けをされたうつわがところせましとならんでいました。人はもちろん、バクや木などが描かれたその絵を眺めていると、村上さんの不思議な世界へと意識が吸い寄せられて行きます。

b0232875_2125231.jpg

その絵の通り、ハートを射抜かれる様な作品も。・・・こういうの大好きなんです。もう、今回は私心を抑えきれず・・・洋服選びをする女子の如く、作品を眺めまくっておりました。

そんな見る人のココロを弾ませてくれる作品を手掛る村上望さん。彼女は九谷焼の本場、石川県の石川県立九谷焼技術研究所にてその技術を学ばれた後、その自由な世界感、作品作りを伸ばす道を選び、故郷である岡山に築窯されました。小さなお子さんからご年配の方まで、どんな方が来ても楽しめるその作風は村上さんならでは。見る人を童心に帰らせ、「ワクワクさせてくれる」。それが村上さんの作品全てに共通する、最大の魅力だと感じました。

因みに、僕が一番ワクワクしてしまったのは・・・

b0232875_213412.jpg

これを見た時の僕の目は、確実に少年の眼になっていたと思います。
今の世の中エコロジー、自然にも人にも、そして時には自分にもやさしくなくっちゃ!

とっても楽しかった村上望さんの『NOZOMINPIC』。
きっとここでは、一番楽しんだ人が金メダルをもらえるんじゃあないだろうか。
そんな事をふと思った、素敵な作品展でした。

村上 望 展 / NOZOMYMPIC 
7月18日(水)~7月29日(日)  11:00~19:00
※最終日は 18:00まで
※期間中は昼から在廊

cafe Z
岡山県岡山市南区浜野2-1-35
tel/fax:086-263-8988

カフェZさんのブログ・cafeZ ( ときどき atelierZ ) スケッチブック

村上望さんのブログ・村上望 murakaminozomibowのブログ

Article by Masahide Kobayashi
[PR]
by art-note | 2012-07-27 23:49

かとうゆみこ銅版画展 のお便り

b0232875_19371334.jpg


倉敷の美観地区にあるギャラリーKさんから作品展のご案内をいただきました。
今回開催されるのは かとうゆみこ さんの 銅版画展 です。

まずDMを拝見し、その妖艶さをも感じる色遣いにビックリしました。
様々な色が重なり、交わり、そして一体となった中に描かれるかとうゆみこさんの色彩空間。

その表現は「銅版画の域を超える」ともお聞きしたことがあります。
ギャラリーKさんの白い空間に映える、かとうゆみこさんの銅版画の世界・・・
是非、実際に体験したいものです。

かとうゆみこ 銅版画展
2012年7月26日(木)- 8月5日(日)
8月1日(水曜日 休廊)
10:00am ~ 6:00pm

ギャラリーK
岡山県倉敷市中央1丁目10-13 2階
* 大原美術館より徒歩3分
TEL: 086(426)7171


GALLERY K HP

Article by Masahide Kobayashi
[PR]
by art-note | 2012-07-25 20:13

平井睦美さんの吹きガラス

本日は平井睦美さんのガラスをご紹介いたします。平井さんは岡山で活動される若手ガラス作家さん。サンドブラストという技法を用い、様々な表情をガラスに施したその作品は個性的。このノートをご覧の方は既にご存じの方も多いと思いますが、実はご紹介するのは初めてです。この度は今年5月に行われた個展での作品達をご紹介いたします。

b0232875_20282855.jpg

黒い模様をまとったグラス達。その佇まいはどこかオリエンタルな雰囲気も感じさせます。その中に数字やドットのかわいらしさを潜ませているのに、平井さんのセンスを感じます。削られて曇った質感になった部分と、黒い部分の光沢のコントラストも素敵です。

b0232875_20283710.jpg

こちらは少し大きめの蓋物です。「黒」とはこの様にも存在感のあるものかと感じさせられる作品。多彩な模様がモノトーンで引き締められています。

b0232875_20291930.jpg

一目で「平井さん」と分かる作品。綺麗なブルーが目を引きますが、その表面には無数の楕円のドットが連なっています。このドットが彼女の作品に見られる個性であり特徴なのですが、光を浴びて輝くそのガラスは他の作品では現せないような、独特の美しい表情を見せてくれます。

b0232875_20293131.jpg

新作の一輪挿し。最初見た時は、半分まで水が入れられているのかと思いました。上半分をすりガラス、下半分を透明にする事より、やわらかい質感のツートンを見せてくれています。画像では分かりにくいですが、透明な部分に施された削りの細やかな表情、挿し口の淡い色彩も魅力的です。

b0232875_20293967.jpg

ふわりとしたかわいらしい佇まいの花入れ。サンドブラストによる削りの模様は上に紹介した黒いシリーズと似ているのですが、色をパステル調にするだけでこんなにも印象が変わってきます。

b0232875_20294627.jpg

そして一際素敵な輝きを見せていたのがこの小さな花入れです。ドットを施された透明な部分の内側に、青の色ガラスを吹き込む事により、二つに重なったガラスが様々な表情を見せてくれます。見る角度を変えれば、随分と輝きの印象も変わる作品。小さいながらも一際その個性を光らせていました。

b0232875_20295752.jpg

最後に、個人的に一番印象に残ったのがこのグラスでした。以前から気になっていた作品ではあるのですが、個展では手前のインディゴ、右奥のティー色に加えて水色、画像にはありませんが、華やかなトーンのアプリコット色も並んでいました。マットな質感の部分は色の魅力を伝え、削りで残された部分が描く模様はとっても素敵な輝きを見せていました。

まだまだ、進化しそうな平井睦美さんのガラス作品達。次回の作品展が楽しみな作家さんです。


平井睦美さんのホームページ


Article by Masahide Kobayashi
[PR]
by art-note | 2012-07-24 21:27

堀口華江さんのガラス展

b0232875_1975967.jpg

岡山市表町、 ArtBox SARASA にて堀口華江さんのガラス展が開催中です。

端正で凛とした佇まいの作品で、私達の目を楽しませてくれる堀口さん。特に茶器や酒器の質感は格別で、ガラスとはこの様にも美しい表情を見せるものかと、驚きすら感じさせられます。

それはガラスの削り、磨きによって生み出されるものなのですが、堀口さんの技術と感性で施されるそれは、ガラスという素材にまるで宝石の様な輝きもを見せてくれるのです。

そしてもう一つ、感じさせられるのが、和の美の中に内在する欧風的なガラスの艶やかさ。それは一作々年、世界を旅し、滞在してきた国々、街の風景から受けたインスピレーションから生まれえたものかも知れません。

2年ぶりののArtBox SARASA でのガラス展。会場には花入れやグラスなどの作品も並びます。是非、足を運んでみて下さい。


堀口華江ガラス展
2012年7月18日(水)~7月30日(月)
11:00~19:00

ArtBox SARASA
岡山市北区表町2-2-46
Tel&Fax:086-221-5338



Article by Masahide Kobayashi
[PR]
by art-note | 2012-07-23 19:55

大江さやかさんのガラス展

b0232875_17252762.jpg

岡山市門田屋敷の ギャラリーさとう にて大江さやかさんのガラス展が開催中です。

いつもやわらかな色彩で素敵なガラスを魅せて下さる大江さん。今回は吹きガラスのものを中心に、キラキラと輝かしい作品を見せて下さっています。その独特のぽってりとしたカタチが愛らしいグラス達、ほのかな色が施された作品達が光を浴びて輝く様には、思わず気持ちが弾んできます。

格式溢れるさとうさんの和の空間で、楽しそうに佇むガラス達。その光景には、優しさを持った清らかな風が、こころを包み込んでくれる様な、そんな清々しさを感じます。夏真っ盛りの今日この頃、どうぞ、大江さかやさんのガラスに涼やかに、癒されてみて下さい。


大江さやか・夏のガラス展-涼やかで美しい時間- 
2012年7月12日(木) - 7月29日(日) 
AM11:00~PM7:00 最終日17:00まで

ギャラリーさとう
岡山市門田屋敷1-7-26
Tel / Fax 086-272-1431



大江さやかさんのブログで今回のガラス展の事、展示模様も紹介されています。
Glassworks-SayakaOoe
大江さやか・夏のガラス展-涼やかで美しい時間-1
"美をそだてる"
大江さやか・夏のガラス展-涼やかで美しい時間-2
大江さやか・夏のガラス展-涼やかで美しい時間-3
大江さやか・夏のガラス展-涼やかで美しい時間-4


Article by Masahide Kobayashi
[PR]
by art-note | 2012-07-22 18:45

十河隆史さんの「陶展」

b0232875_16461839.jpg

先週、十河隆史さんの陶展に行って来ました。白いうつわを中心に、心が清らかになる様な作品を見せて下さる十河さん。今回は、その「白」が印象的な白釉シリーズの新作、DMにも掲載されていた刷毛目の新作が並び、いつもの安らぎの中に凛とした新鮮さが光る陶展となっていました。

普段は奈良の土を扱い、女性的でやさしいうつわを作られる十河さんですが、今回は九州唐津系のざっくりとした、どちらかというと男性的な土を用いた作品もあり、新しい試みに挑戦されている「作家」としての思いをも強く感じました。

琺瑯を思わせるような白釉などの新作は十河さんのブログでもご紹介されています。

しかし、これは「作品」全般に言えることですが、実際に生で作品と向き合う事は、写真や画像でそれに接するよりも、格段に作品の素晴しさを受け取る事が出来ます。

色遣いを愛で、質感を楽しみ、作品と空間を共にする。それは本当に幸せな時となる事と思います。

十河さんのうつわは本当に素敵です。是非、実際に手に取ってご覧になってみて下さい。

十河隆史 陶展
2012年7月12日(木)~24日(火) 
10:00-18:00 最終日は16時まで
ギャラリーやぶき
〒703-8256 岡山市中区浜2-2-38
Tel.086-273-7576


十河隆史さんのブログ「T Pottery Diary」
個展が始まりました
出展作品紹介 その2
出展作品紹介 その3
展示作品紹介 その4 -明日から後半戦-


Article by Masahide Kobayashi
[PR]
by art-note | 2012-07-21 17:18

中野由紀子ガラス展 ~over the rainbow~ にて

7月8日まで、cafe Z さんにて行われた中野由紀子さんのガラス展 ~over the rainbow~、その名の通り、鮮やかな色使いのガラスで虹のある空間を演出されていた中野さん。本当に新鮮でした。今回のノートではその時の様子をご紹介いたします。

b0232875_12103439.jpg

こちらは入口側に置かれたテーブルの上の作品達。中野さんならではのかわいらしい楽しさが伝わって来ます。


b0232875_1211385.jpg

「エナメル」というガラスの絵の具で色づけされた作品。ひとつひとつ指でなぞられた色たちが、白いすりガラスに楽しい表情を見せてくれています。


b0232875_12114772.jpg

こんな小鳥のような愛らしいミルクピッチャーも。テーブルの上にあるだけで、食卓が楽しくなりそうです。


b0232875_1212536.jpg

定番のガラスのうつわです。ふにゃりとしたカタチと削りによって施された大きなドットが素敵です。


b0232875_12122146.jpg

入口正面にはお花が飾られ、cafe Z さんらしい演出。爽やかな涼やかさになごみます。


b0232875_12131028.jpg

そしてこちらは今回の新作の一つ。キラキラと輝くグラスには様々エッチングが施され、中野さんらしいかわいらしさが満載です。


b0232875_12132771.jpg

こちらも新作。今回はポップなイエロー、ピンク、オレンジ、ターコイズブルーなどが一際目を引きました。眺めているだけで元気をもらえるような、そんな素敵なグラス達。


b0232875_1214380.jpg

中央のテーブルの上には七色のデザートカップ~の、ハズだったのですが、僕が足を運んだ時には既に皆さんの元へ旅立った後でした。代わりにカラフルな花器がならんでいました。これもとっても良い感じです。


b0232875_12134848.jpg

他にもたくさんの作品達に彩られていた「中野由紀子ガラス展 ~over the rainbow~」。cafe Z さんのブログでもたくさん紹介されていますので、是非是非チェックしてみて下さい。

次回のガラス展にも期待が膨らみます。

cafe Z さんでのご紹介記事は、コチラ!
虹のカフェ出現!
今週は癒しの虹色空間〜ゆきんこガラス展
雨と雲と、虹の後
雨上がりの雫アクセサリー
夏迎えの風の音
光の国と影の国
【中野由紀子ガラス展〜over the rainbow〜】今週末までです


・・・ちょっと、見に行った気分になっちゃいました、かな?


Article by Masahide Kobayashi
[PR]
by art-note | 2012-07-15 22:16


大好きなうつわ、とりわけ陶器とガラスのこと。時々雑記。岡山を中心にご案内を頂戴する作家さんの展示情報も。


by M.K

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
news
pottery
glass
other
utsuwa
books
note
未分類

以前の記事

2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2013年 11月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月

フォロー中のブログ

cafeZ ( ときどき...
maki+saegusa
T Pottery Diary
Glass Ten St...
ステンドグラス日記
SYNERGY73
Glassworks-S...
CAFE DU GRACE
hiroko hosom...
pieni deux
一汁一菜の器プロジェクト...

メモ帳

最新のトラックバック

来場者にWプレゼント実施中♪
from ディズニー展とクリスチャン・..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

二人の硝子展~草木萌動~ 安..
at 2016-03-02 15:32
『草の実』 山口聡一郎写真集
at 2016-02-02 19:35
節句を楽しむガラス展
at 2016-01-31 19:47
第9回I氏賞選考作品展
at 2016-01-31 11:19
「クロスとドット展」1/30..
at 2016-01-30 19:04

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アート・デザイン
写真家

画像一覧